「固定シンボルの乱数と同じ」としてサラリと流されることが多いようなので自分なりのまとめ。

使ったツール
・SyokiSeedSearch4
・bwseedlist
・bwpidseed
製作者さん達に多大なる感謝を。

0.始める前に
手持ちにシンクロ要因を先頭に、捕獲要因、ペラップ(おしゃべりで録音済みのものを1,2匹)を用意しましょう。
そして乱数調整したいポケモンの目の前でセーブ。基本ですね。

1.初期シードを検索する
固定シンボル乱数で使用したシードを使い回せる。検索方法も当然同じ。
私は以下のシードを利用しました。
12,8,10,14,28,13,1511,2,31,31,31,31,31,31,あく,70,DFE7EBF27AF8C6E3,ASeSt→↑

2.オフセットの特定
bwseedlistに先の初期シードを入力し、針パターンリストを出力。
私の場合針パターン4200が一致、よってオフセット58、現在の消費数62と判明しました。
5352057615062041224577273325226635523305225342503442544532420042523077

※追記 オフセットの特定が簡単になりました。→オフセットの特定について

3.隠し穴出現ポケモンリストの出力
まあぶっちゃけシンクロ可否がわかれば(ry
bwpidseedを起動、「性格値乱数」の項目内、初期seedのボックスに初期シードを入力。
隠し穴乱数-bwpiseed















「計算」内、BW2にチェックを入れ、タブで「固定」を選択。今回は出力数は100もあれば充分でしょう。
「固定」内、隠し穴にチェックを入れる。今回は23番道路のザングースを狙ったので50~55にしました。ここはそのままでも問題ないでしょう。
「計算開始」ボタンをクリック、リストが出力されます。
隠し穴乱数-隠し穴ポケモンリスト










左から順に消費数、ポケモンのレベル、シンクロの可否、ポケモンの性格、特性、性別値、性格値ですね。
今回は隠し穴なので特性、性別は固定ですが。

4.性格を合わせる
2.で現在の消費数が62であることが判明しています。リストと照らしあわせたところ、シンクロが×になっていますね。
ペラップ先生の一声で○の位置までずらしてもらいましょう。あとは戦闘に突入、捕獲するだけです。

隠し穴ザング (1)隠し穴ザング (2)




























レベルがリストと一致していませんね。ですが個体値・性格は問題なかったのでよしとしました。
捕まえてからフェイント無しがバレる事に気づきました()

実は3.の項目を実行しなくても、何度か消費数をずらしつつやり直せばシンクロできるんですよね。所詮50%ですし。
ですがタイマーズレに煩わされるのが非常に面倒に感じたので今回の方法を探した次第です。