特定のポケモンが光るようにするためのID調整です。

使うツール
RSIDRNG
RSIDRNGCHK
・エメタイマー(BIG)

0.始める前に
色違いにしたいポケモンの性格値を特定しておきましょう(前回記事参照)。

1.狙うID及びフレームの特定
RSIDRNGを起動しましょう。
性格値、指定するならばTID、我慢出来るフレーム数、フレームカウント開始までの待機時間を入力します。
この「待機時間」(経過時間)は、電池無しのRSで乱数を行うならば常に0です。電池ありで行う場合はその理論と具体的な手順はこちらを参照してがんばってください。
入力すると、範囲内で色違いにできるID、フレームが出力されます。
RSID調整-RSIDRNG






2.実際に狙う
RSのIDは、オダマキ博士の話が終わった時(あるいはそこからいくらかのタイミング)で決定されます。
エメタイマーをセットし、ソフトリセットと同時にスタート。(初期seed調整をするならばしておく)
オダマキ博士が「では また あとで あおう! けんきゅうじょで まって いるぞ!」と言っている画面で待機し、タイマーが0になるのと同時にAボタンを押しましょう。
ゲームが開始したら、早速IDを確認しましょう。
RSIDRNGCHKを起動。初期seed、検索範囲、出たID、目標フレームを入力、検索。
RSID調整-RSIDRNGCHK







出た結果に合わせて、タイマーの時間を調節したりボタンを押すタイミングを調節しましょう。
狙ったIDが出れば終了です。

3.おまけ・IDの決定方式について
RSのTID/SIDは、使われた乱数値(引いたフレーム)の上位4桁がそのままSIDとなり、その次の乱数値の上位4桁がTIDとなる、という方式をとっています。これを利用すれば、IDを狙った数字にすることもできます。
GBAエンカウント等で、初期seedを入力、リストを出力。そして欲しいIDで検索して、引っかかればそれを狙ってID調整、という流れでしょう。色違いにしないのであればほとんどの数字を簡単に狙えるかと。
RSID調整-ID00000


ID00000-26999のフレーム。エメループ産タマゴを孵す際によく利用される。らしい。